レーシックイメージ

多数の芸能人がレーシックで視力回復

最近視力回復のためにレーシックを受ける人が増えています。
1990年代にアメリカでブームが起こり、たくさんのスポーツ選手やセレブたちが受け、視力回復したと報じられました。
日本では2000年に厚生労働省の認可を受けてから、数々の芸能人が受け視力回復すると、たちまち人気が高まりました。
芸能人やスポーツ選手の影響は凄いものです。
そういった人たちが視力回復したとなると、是非自分も受けてみたいと思うものです。
少し前までは術後きちんと視力回復するのか・後遺症はないかなど不安になる方も多かったですが、今では技術や機械も最新の物を使っている病院が多いので、それほど不安になることはなく、皆さん受けられています。
クリニックもたくさんありますが、インターネットで評判や口コミを見る事ができますので、とても便利ですし自分に合ったクリニックを探す事ができます。
手術の方法は、まず角膜の表面を削りフラップをつくります。
そこへエキシマレーザーを当てて角膜を削り、最初に削った表面を戻して終了です。
削った表面は綺麗に元に戻しますので、跡が残らずどこを削ったのかわからないくらいです。
とても簡単な手術ですので、日帰りで行う事ができます。
日帰りですので、仕事や学校が忙しくても、次の日はいつもと変わらず過ごす事ができるのです。
私も以前レーシックを受けました。
子供の頃から目が悪く、ずっと眼鏡で過ごしてきました。
大人になってからはコンタクトを使用しておりましたが、朝起きてすぐ部屋の中が見えず、眼鏡を探す事から一日が始まっていました。
これから先ずっとコンタクトを購入する事を考えると、レーシックを受けた方がコスト的にも良いと思い受けました。
最初はやはり不安もありましたが、しっかりとクリニック選びをし、不安に思っている事・わからない事はカウンセリングで聞き、安心して受ける事ができました。
私の場合は、術後2時間ほどで良く見えるようになりました。
人によっては術後すぐに見えるようになったり、次の日だったり様々です。
2週間ほどは、夜間外に出ると光が眩しく感じたり、ぼやけて見えましたが、今では後遺症もなく安定した視力を保っています。
眼鏡もコンタクトも必要ないので快適な生活を送っています。
レーシックを受けようか迷っている方はたくさんいるでしょう。
まずはレーシックとはどういう物なのか、どういった手術なのかなどの情報をしっかり調べ、自分に合ったレーシックのクリニックを探す事からはじめてみてはいかがでしょうか。

Copyright(C) 2014 近視回復.com All Rights Reserved.