レーシックイメージ

レーシック手術で近視を治す

私は、中学生から視力が悪かったために、当時からコンタクトと眼鏡を併用した生活を10年以上続けていました。
小学生までは視力は良かったのですが、急に視力が落ち、20代になると両目とも0.1もなくなりました。
私が近視になった原因は、目を酷使したこともですが、1番の原因は遺伝的なものが大きいと思います。
それは、5人家族のうち4人とも視力が悪いためです。
最初コンタクトを使用した時は、裸眼で視力が0.4ぐらいでしたが、矯正で1.2ぐらいあったので、世界が変わったように感動しました。
私は、主に日中はコンタクトを使用して、補助的に眼鏡を使用するという生活でした。
だんだん高校生、社会人となるに連れて、夜更かしをするようになり、コンタクトを付けたままで寝てしまうこともあり、今思えば非常に目に悪いことをしていたと反省しています。
10数年コンタクトと眼鏡を使い続けていたところ、ある日レーシックで近視を矯正する手術をインターネットや雑誌で知りました。
しかし、最初知った時は、費用が約30万円前後と高額であったことと、もし失敗したらどうしようという思いで自分には無理だなとあきらめていました。
ある日、小学校の同窓会があり、以前は眼鏡をかけていた同級生が眼鏡を外して、印象が良くなっていました。
話を聞くと、レーシック手術をしたために現在は裸眼で両目とも1.2ずつあるということでした。
私は、以前自分の中にしまい込んでいたその手術のことを思い出して、同級生が人生が変わったと言うので、自分も自分の人生を変えてみたいと思いました。
そして、その同級生から費用や検査、手術の痛みやそれにかかる時間など様々なことを聞き、いろいろ考えた結果レーシックを受けてみることにしました。
最初は、手術前検査から始まり、簡単な検査をした後、手術をしても問題ないということだったので、手術の日程は3日間で行われました。
2日目に手術をしました。
時間としては両目で20分ほどでした。
当然、麻酔は使用しましたが、部分のみの点眼麻酔だったため、レーザーを当てる様子や、洗浄している様子が見えました。
その時は痛みは感じませんでしたが、終了後麻酔が効かなくなると、予想以上に痛かったです。
しかし、痛みは1日で収まりました。
3日目は術後の検査をしに行きました。
その後も、定期的に検査をして異常がなかったので、良かったです。
術後数日は、遠視が入り近くのものが非常に見にくかったです。
しかし、だんだんと見えるようになってきて、世界が180度変わったように鮮明に見えました。
今では、手術して数年経ちますが、本当に手術をして良かったと心から思いました。
今では、自分がもともと視力が悪かったということすら自覚がありません。

Copyright(C) 2014 近視回復.com All Rights Reserved.