レーシックイメージ

レーシックの危険性について

確かに視力の低下は悩みの原因です。
しかし、レーシック以外にも眼鏡やコンタクトなどの視力矯正道具はあります。
そもそもレーシックに頼る必要があるのでしょうか。
スポーツなどをする人が手術を受けることはよくあります。
様々な危険性があります。
ここで少し手術について説明しましょう。
レーザー機器もしくは、マイクロケラトームと呼ばれる眼球用かんなで角膜の表面を薄くスライスし、フラップを作りめくります。
表出した角膜実質層にエキシマレーザーを照射して、一部を削ります。
そのあとフラップを元の状態に戻して、フラップが自然に吸着します。
角膜中央部が薄くなるため、角膜の曲率が下がって近視が矯正されます。
視力は術後直後から一日程度で矯正されます。
角膜には一定の厚さが必要であるため、角膜が薄い場合や目に疾患などを抱えている場合は手術が受けられません。
また、10代の若者は手術が受けられません。
さらに詳細に説明します。
まず、確実に成功する保証はありません。
技術がそれなりに進歩した今でさえ、完璧とは言えないのですでは、失敗したらどうなるか。
逆に視力が落ちる場合もあります。
最悪の場合失明になるケースも。
後遺症が残る可能性もあります。
また、過矯正による遠近感のぶれで、吐き気や頭痛をもよおすこともあります。
ドライアイになる人も少なくないそうです。
(屈折矯正手術合併症の実態調査報告より)レーシックは角膜を手術するため、感染症にかかる可能性があります。
屈折矯正手術に伴った角膜感染症の発生頻度は5000例に1例程度とされています。
手術道具の消毒は徹底的に行われていますが、集団感染した例もあります。
手術に適応するかどうかのチェックをせずに即日に手術を行うなどずさんな事前検査委の体制や、日常的に手術室が待合室から見えるほど衛生的に隔離されていない状態もあるようです。
このように、成功する可能性が低いにも関わらず、デメリットが多くあります。
歴史がまだ浅いため、研究不足な面が多々あります。
日本の現状は、せん述方法としてレーザー機器もしくは、マイクロケラトームによる方法が採用されている状態です。
これから医療技術が発展して、レーシック手術ももっと完璧になる可能性はあります。
ですから、眼鏡やコンタクトによる矯正で我慢した方が身体を考えるのだとしたらお勧めです。
それでももし、レーシックでの視力矯正にこだわるのなら、もっと技術が進歩してからがいいと思います。

Copyright(C) 2014 近視回復.com All Rights Reserved.