レーシックイメージ

レーシックは安心できる眼科医で

コンタクトって、とても使い心地悪いですよね。
女性のなかで、色付きカラーコンタクトを使い分けて、瞳が大きくきれいに見えるように、必死で外見を磨く努力してる方もいらっしゃいますが、私も女性ですけれども、そこまでやる気にはなれないという、超ものぐさタイプです。
(ちょっと恥ずかしい。)面倒くさいものはやりたくないし、簡単で誰でもできるような、シンプルなやり方しか選ばないという、そういうタイプです。
(ちょっと自己紹介。)私の場合は、はじめてコンタクトを使ってから8年になります。
使っているうちに、メガネの度がすすんで、メガネを作り替えるお金がいつも高いなあ、と思っていました。
そのうちに、同僚がコンタクトを使いだして、コンタクトは便利だしいいよ、と勧められて、1ヶ月交換のコンタクトに変えるようになりました。
そのうちに、ここ数年間でいろいろな種類のコンタクトが出回るようになって、ずいぶん選べるようになりましたね。
ネット販売で格安で手に入るようになって、コンタクトがファッションの一部になってきたように感じますね。
当初から使ってきたのはボシュロムですが、あのフィット感と視野の広さはよかったです。
でも、コンタクトを装着していると、風に当たったり、ゴミが目に入るときのあの痛さ、ゴロゴロ感、不快感がとても気になりますよね。
洗浄液だって毎月使っていればけっこう高いですし、洗浄するのだってけっこうな手間ですよね。
トータル的にはコンタクトはメガネよりも、お金も手間も大変だったと思ってます。
そのころに、レーシック手術の記事を目にしました。
レーシック手術の安全性http://lasik.kanagawa.jp/annzennsei.htmlは高めですし、検索すれば格安で手術が受けられることが、わかりました。
手術はやってみると、ものの10分で完了。
最初は目にレーザーを当てるなんて怖い、と思ってましたが、それはほんの一瞬のこと。
あとは目を保護するように、いたわってあげて、手術後1週間くらいで、目に慣れてきました。
あとは普段通りの生活をしてOKでした。
視力は1.0に回復しました。
ときどき、1ヶ月に2〜3回くらいメガネをかける程度で、あとは裸眼でものがよく見えます。
眼科医によると、「レーシックは手術後のケアが大切なので、異物感・不快感を感じたらすぐに相談してください。」と言われましたので、手術から1週間後は目の検診を受けておきました。
検査では、とくになにも検出されませんでしたので、ほっと安心しました。
手術後の検診は必ず受けることをおすすめします。

Copyright(C) 2014 近視回復.com All Rights Reserved.